診療時間

クリニックからのお知らせ

電話診察のご案内

電話診察""

 

当院では新型コロナウイルスの感染拡大防止のため電話による診察を開始致しました。 下記申込ページから電話診察の申込みが可能です。
お申込みから実際の電話診察までの時間や初診が受けれるクリニックと再診のみのクリニックがあるなど注意事項がありますので、しっかりお読みいただいたうえでお申込みください。

●お申し込みの前に、必ず「電話再診の注意事項」をご一読ください≫

●お申し込みページはこちらから≫

 

案内図

1診体制のご案内

4月13日より全日医師1名(1診)体制に変更させていただきます。

待ち時間が長くなることもあるかと思いますが、なるべくお待たせしないよう職員一同精進して参ります。

ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

「WEBから現在の待ち状況が確認できます」

現在の待ち状況確認は→こちら  携帯で予約

重要】診療時間短縮のご案内

・4/13~5/31の間、診療時間を下記の通り変更させていただきます。

《火・水》 午前9:001300 午後15:001800

《月・木・金・土》 通常通り

新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言を受け、感染拡大防止の観点から、患者様・職員の安心安全を守る為の対策として行わせていただきます。大変ご迷惑おかけ致しますが、ご了承下さい。

・6/1~通常通りの診療時間に致します。

木曜日診療開始のご案内

4月9日より毎週木曜日も診療致します。外勤医師の1診体制となります。宜しくお願い致します。

<木曜受付時間> AM9:00-12:00 PM14:00-17:00

電話再診のご案内

5/08(金)より電話再診をお受け致します。ご希望の方は診察券と保険証をお手元にご用意の上お電話ください。

※電話診は通常の診療に比べ通信費500円の費用がかかります。

院長休診のご案内

当院は夏期お盆も通常通り診療をおこないます。

下記の期間を院長の夏期休暇とさせていただき、代診での診療となります。宜しくお願い致します。

10/05(月)~10/10(土)

新型コロナウイルス感染症に関するお願い

弊院には新型コロナウイルス感染症に対応できる検査機器や隔離室等の設備がございませんので診察できかねてしまいます。

 下記症状の当てはまる方は「帰国者・接触者相談センター」に相談の上、専門病院を受診いただきますようご協力お願い申し上げます。

 少しでも疑いのある方は誠に恐れ入りますが、事前に電話いただくか受付時にお申し出下さい。職員より確認させていただく場合もございます。

 

 【次の症状がある方は帰国者・接触者相談センターにご相談ください】

 ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている

 ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

 ※ 解熱剤を飲み続けている場合も含みます

 ※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

海外渡航歴・既感染者との接触歴の有無は条件が無くなりました 

鼻づまり、鼻水に対するレーザー治療

当院ではCO2レーザーによる下鼻甲介粘膜焼灼術を行っています。鼻粘膜の表面をレーザーで焼くことにより、アレルギー反応がおこりにくくなります。また鼻粘膜のボリュームも小さくなりますので、鼻の通りが良くなります。特に鼻づまりには高い効果が期待でき、鼻がつまって仕事や勉強に集中できない方、熟睡できない方、いびきが気になる方はぜひ一度ご相談ください。スポーツをされる方にもお勧めです。詳しくはこちら⇒

注1):花粉症の方は花粉が飛んでいない時期に行う必要があります。春花粉(スギ、ヒノキ)に対しレーザー治療を希望される方は、12月までに行う事をお勧めします。

注2):髙原院長の予約診療となります。初診時に院長診療を受診していただき、ご相談下さい。その際に予約を承ります。

・ご相談(予約不要):月・火AM・金・土 ※受付にレーザー治療の相談とお申し付け下さい。

・レーザー治療(予約制):月・金(11:00~・16:00~)

減感作療法(舌下)を実施しております

アレルゲン物質を体に入れ、慣らしていく治療方法です。アレルギー性鼻炎の方(スギ・ダニ)が保険適応です。方法は錠剤のアレルゲンエキスを少量から体内に入れ、徐々に濃度を濃く量を多くして体を慣らしていきます。治る可能性、症状が軽くなる可能性があり、効果は3ヶ月程で出てきます。

舌下免疫療法はコチラから⇒http://www.sho-jin.com/tiryou/sugi/

※安全管理上の理由により、皮下免疫療法の新規受け入れを中止しております。舌下免疫療法をお勧めしております。

舌下処方不可曜日のお知らせ

舌下免疫療法の担当医師不在時(毎週火曜日午後と臨時日)は継続治療中の方でも舌下免疫療法に関するお薬の処方はできませんのでご注意下さい。

臨時情報は随時「こちら」に載せさせていただきます。

より大きなサイズの図版を掲載しています。